こんばんは。

ガチャガチャ大好きフィギュアオタクの研究員のっちです!

 

ガチャガチャ好きのあなたなら、このシリーズを知らない人はまずいないでしょう。

それは...

シャクレルプラネット”!

(引用:https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/pandanoana/shakurelplanet/)

 

2016年1月に第一弾が発売してから、

2019年7月までに多くの“シャクレルプラネットシリーズ”が発売され、

その弾数は正統派4弾外伝3弾合計7弾ものシャクレルプラネットシリーズが発売されています。

 

数で言うと41種類にもなります。

凄い...

 

そしてついに2019年7月下旬、

正統は続編である、“シャクレルプラネット5”リリースされます!

 

今回はそんな“シャクレルプラネット5”のラインナップと魅力についてご紹介いたします。

 

“シャクレルプラネット”、存在は知ってるけど買ったことないや。

って方は尚更必見ですよー!

シャクレルプラネットの説明文

この“シャクレルプラネット”、

正統派シリーズには全編を通して一つの説明文があります。

 

それがこちら。

シャクレルプラネット。
そこに暮らす動物たちはみな、
シャクレている。
自らのアゴを進化させることで
絶滅の危機を乗り越えてきたからだ。
骨もバリバリ。木々もモグモグ。
岩もバクバク。
シャクレルプラネット、
それはそう遠くない未来の地球
なのかもしれない。

(公式より引用)

この説明文から、シャクレルプラネットに出てくる動物たちは

単純にアゴがシャクレているだけではないことが分かります。

 

普通の生物なら捨ててしまう“骨”、

食べようとは思わない硬い“木々”、

噛むと歯が砕けてしまう“岩”

まで、自らの栄養に変えることで、厳しい食糧難の時代を乗り越えてきたのがこの

シャクレルプラネットに登場する動物たちです。

 

環境に適応するための進化って素晴らしいな...

そんな気分にさせてくれますね。

“シャクレルプラネット5”のラインナップ

“シャクレルプラネット5”では、6種類の動物がラインナップされています。

  1. シャクレルウマ
  2. シャクレルウシ
  3. シャクレルヒツジ
  4. シャクレルブタ
  5. シャクレルイヌ
  6. シャクレルニワトリ

です。

 

それぞれ画像付きで見ていきましょう。

1.シャクレルウマ

 

2.シャクレルウシ

 

3.シャクレルヒツジ

 

4.シャクレルブタ

 

5.シャクレルイヌ

 

6.シャクレルニワトリ

 

 

個人的には“シャクレルウシ”の造形が

なかなかいい感じだと思っています。

 

あの、自信ありそうな目...手に入れたい...。

“200円”と安い!でも秘密がある。

年々、消費者物価指数が上昇し、頭を抱えている家計も多い中、

ガチャガチャだって値上がりしています。

 

20年ほど前にスーパーへ買い物に行き、ガチャガチャを買ってもらったときの感覚としては

普通のガチャガチャは100円。200円は高め。300円は高すぎて手が出ない!

って感じだったことは覚えていますか?

 

しかしながら今日のガチャガチャ価格に至っては、

300円が普通。200円は全体の2割程度。100円ガチャなんて皆無

です。

 

恐ろしい値上がり具合ですね。

 

でも、このパンダの穴さんのガチャガチャでは、

リリースされる商品の多くが“200円”と安めの設定です。

 

その“200円”という設定の裏にはこんな秘密はあったんです!

 

“200円”という安い金額で出せる秘密

“200円”という安い金額で出せる秘密、

それは...

大きさが大小様々混在している”からです。

 

例えばコレ!

シャクレルプラネット ホワイト”のシャクレルコアラですが、

これで200円です(笑)

 

シャクレルハリネズミなんて更に小さい...

 

別に、ハズレ枠とかを言うつもりはないのですが、

一番大きい“シャクレルクジラ”と比較してしまうと、

やはりある程度の“残念さ”は隠しきれませんよね(笑)

(引用:https://item.mercari.com/jp/m11413696515/)

 

この“あたり枠とはずれ枠をうまく混在させる”ことで、パンダの穴さんは

200円という価格設定を実現させています。

 

はずれ枠が出た時の悲しみは大きいけど、

やりかたとしては嫌いじゃない。

 

シャクレルプラネット5の発売日は?

今回ご紹介した“シャクレルプラネット5”ですが、公式ホームページを見ると、

7月下旬発売

となっています。

(引用:https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/pandanoana/)

 

ガチャガチャの入れ替え業者さんのタイミングにもよりますが、

早くて7月22日少なくとも25日辺りには、

仕入れがある店舗なら入荷してるでしょう。

一匹でも楽しい、集めるともっと楽しい“シャクレルプラネット5”!

今回ご紹介した“シャクレルプラネット5”ですが、

今回の6種類に本編の過去弾のものも加えると30種類になります。

 

過去弾のラインナップはというと...

シャクレルプラネット1

シャクレルライオン
シャクレルシャチ
シャクレルパンダ
シャクレルワニ
シャクレルコアラ
シャクレルミーアキャット

シャクレルプラネット2

シャクレルタイガー
シャクレルクジラ
シャクレルバッファロー
シャクレルカンガルー
シャクレルウサギ
シャクレルハリネズミ

シャクレルプラネット3

シャクレルシロクマ
シャクレルトナカイ
シャクレルオオカミ
シャクレルアザラシ
シャクレルペンギン
シャクレルオコジョ

シャクレルプラネット4

シャクレルゾウ
シャクレルカバ
シャクレルガゼル
シャクレルアライグマ
シャクレルウミガメ
シャクレルラッコ

そして今回のシャクレルプラネット5

シャクレルウマ
シャクレルウシ
シャクレルヒツジ
シャクレルブタ
シャクレルイヌ
シャクレルニワトリ

 

ライオンからオコジョ、ウミガメまでラインナップされています。

 

過去弾を購入するもよし、今回の“シャクレルプラネット5”を一匹だけ買うのもよし、

人それぞれ、色々な楽しみ方ができます!

 

今後、どんな動物が“シャクレルプラネット”にやってくるのかも含めて、

期待大ですね。

 

シャクレルのっちも作って欲しい!
わぁー!まずは画像加工ソフトですね(*^^*)
おすすめの記事