こんにちは。

 

プライズ大好き

フィギュアオタクの研究員のっちです!

 

1968年に放送開始し今年で51年目を迎えた、

国民なら誰しもが知るアニメ、

“ゲゲゲの鬼太郎”。

(引用:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/)

50年も経過すると、アニメの絵柄はガラッと変わり、

鬼太郎は不愛想へネコ娘は美人へと変わり、

個々のキャラクターが更に際立ってきてますね。

 

そしてそして、

そんな51年目を迎えた“ゲゲゲの鬼太郎”と、

2014年にリリースされ、5年目を迎えたプライスフィギュア界の定番“Qposket”

この秋、コラボレーションします!

 

Qposket ゲゲゲの鬼太郎-鬼太郎-

(引用:https://hobby.dengeki.com/reviews/803688/)

 

今日はそんな、待望のコラボレーションを果たした

Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”の魅力と、

目玉のおやじの秘密について、お伝えしていきます!

 

ゲゲゲの鬼太郎ファンは勿論、

Qposketが気になってるあなたも、

必見の内容ですよー!

 

Qposket×ゲゲゲの鬼太郎、注目ポイント!

ここで、Qposket×ゲゲゲの鬼太郎の注目ポイントを挙げていきます。

 

今回の“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”ですが、最近のQposketの王道の登場し方である、

“2色”になってます。

 

下の写真は原作アニメの“ゲゲゲの鬼太郎”により近いカラーリング

青色と黄色のハッキリとしたコントラスト、まとまりのある茶色い髪の毛、

目玉のおやじも、明るい茶色のカラーリングになってます。

 

こちらがセピアカラーの“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”

先ほどのアニメ原作カラーよりもコントラストが落ち、落ち着いた雰囲気の仕上がりです。

 

ゲゲゲの森に住んでいるままのイメージ」だと、

このような色あせたカラーのゲゲゲの鬼太郎も

こっちも捨てがたいなぁ。

と思ってしまいます。

 

この、“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”何が凄いかって、

この鬼太郎の下駄を見てください!

ちゃーんと“下駄”を履いてるんです!

 

鬼太郎好きののっちとしては、どんな作りになるのか、

かなり心配していたポイントだったのですが、

造形師さんのゲゲゲの鬼太郎に対する愛を感じ取ることが出来るポイントです!

 

あと、忘れてはいけないのがこの“目玉のおやじ”の存在。

大きく艶のある瞳と、ふんわりと優しいほっぺたの質感、大胆なアレンジと繊細な造形

がコンセプトの柱となってるQposketですが、

この目玉のおやじに至っては

“大きく艶のある瞳”そのものなんですよね。

 

この遊び心が、“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”の価値を

ググっと高めてくれてる気がします。

目玉のおやじは“鬼太郎の左目”じゃないの?

ここで、Qposketで、念願のデフォルメ化を果たした、目玉のおやじですが、

この目玉は誰の目玉かご存じない方も多いことでしょう。

 

鬼太郎の左目でしょ?知ってるよ!

と思ったかたもいるかと思いますが、

残念ながらそれは間違っています。

 

原作、「墓場鬼太郎」では、

幽霊族の唯一の生き残りである“鬼太郎の父親と母親”が死んだ直後から物語が始まります。

(引用:https://www.amazon.co.jp)

そんな、死んだ母親のお腹の中から自力で這い出てきたのが“鬼太郎が生まれた瞬間”。

 

酷い嵐の夜だったのですが、不意の事故で、鬼太郎は自分の左目を岩にぶつけて潰してしまうんですよね。

 

そして、“目玉のおやじ”は、“死んだ父親の亡骸からずり落ちた目玉”なんです。

(引用:https://blog.goo.ne.jp/travellgoo/e/67376f207eab4179fddcbe5c6bc3cbc5)

 

そのことを踏まえて、もう一度今回の“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”を見てみると、

わが子の顔を見ることが出来なかった無念な母親

死んでも尚、子供を守ろうとする父親それぞれの

鬼太郎に対する掛け替えのない愛”を感じることが出来ますね。

Qposketのねこ娘と並べて、更にカッコよく!

今回ご紹介している“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”ですが、

実は、鬼太郎より先にねこ娘がリリースされます。

Qposket ゲゲゲの鬼太郎-ねこ娘-

(引用:https://www.amazon.co.jp)

こちらも、ゲゲゲの鬼太郎の原作に近いアニメカラーと、

アニメの雰囲気に合わせたセピアカラーが登場します。

 

“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”のアニメカラーを並べたのがこんな感じ。

 

“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”のセピアカラーを並べるとこんな感じ。

今までのフィギュアの傾向を見ると、

原作アニメに近いカラーリングの方が人気が出る傾向が高いです。

 

ですが、

ゲゲゲの鬼太郎を昔から知ってるあなたであれば、

暗く悲しいゲゲゲの鬼太郎もご存知のあなたであれば、

“Qposket×ゲゲゲの鬼太郎”をセピアカラーで揃えてみてはいかがでしょうか?

 

【製品詳細】
製品名:Qposket ゲゲゲの鬼太郎-鬼太郎-
リリース日 : 2019年11月下旬
場所 : 全国のゲームセンター
種類数 : 全2種
メーカー : バンプレスト
URL : https://hobby.dengeki.com/reviews/803688/

 

ねずみ男は商売の神様です。
わぁー!それは買いかぶり過ぎですね(*^^*)
おすすめの記事