こんばんは。

ガチャガチャ大好きフィギュアオタクの研究員のっちです!

 

先日、聖地秋葉原まで、買い物や情報収集をしに行ってたのですが、

ふと立ち寄ったゲームセンターで、あるディズニーのプライズフィギュアに一目惚れをし、

その場で即購入してしまいました!

 

それは...

Qposket ボー・ピープ“!

 

Qposket PIXAR Character -Bo peep-(ボー・ピープ)

(引用:https://bpnavi.jp/s/toru/pc/prizes/39529)

トイストーリーから参戦した

“Qposket ボー・ピープ”の出来栄えや、細部の作りこみ、

また、一目惚れした理由や、マイナスポイントまでお伝えしていきます。

 

最近特に勢いのあるプライズフィギュアが“Qposketシリーズ”です。

 

トイストーリーが好きな方、Qposketシリーズに興味がある方が

購入の決め手となるような内容をお伝えしていくので、必見ですよー!

Qposket トイストーリー “ボー・ピープ” 詳細レビュー

こちらが、トイストーリーから参戦した

Qposket PIXAR Character -Bo peep-(ボー・ピープ)”の箱です。

ゲームセンターのプライズや、ばら売り店での購入の場合もこの箱を目印にして頂ければと思います。

 

一つ注意したいのが、Qposketの多くの箱がこのように上げ底になってるんですよね。

上げ底の分、重心は上に行きますし、

クレーンゲームの中の“取れそうに見える展開”ができるのもこの“上げ底”のおかげです。

 

こちらが箱から出し、更に袋から出したところ。

頭・胴体・右腕+羊飼いの杖・台座の4つのパーツに分解されて箱に入っています。

 

ちなみに台座の裏側がこちら。

巷の噂によると、

Qposketの偽物が出回っていて、それらの偽物は台座裏やフィギュアの端、どこを探しても文字が入ってない!

のだそうです。

 

今回ご紹介しているQposket トイストーリー “ボー・ピープ”の台座裏には

©Disney / Pixar BANDAISPIRITS MADE IN CHINA

との記載があり、偽物の心配は無さそうですね。

 

ここからは、Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”を360°+上からの視点で、良さをお伝えしていきます。

 

Qposket トイストーリー “ボー・ピープ” 360°レビュー

こちらが組み立てた後に正面から撮影したもの。

か...可愛い...!

ゲームセンターで実物は見てたのですが、持ち帰って組み立てると、

更に良さが伝わってきます。

 

こちらが右側

鼻が高く、横顔も美人さんです。

 

こちらが背面。

劇中のトイストーリーの“ボー・ピープ”がかぶってる

日よけ帽子の柔らかさが伝わってきますね。

 

こちらが左側。

やっぱり美人さんですね(2回目)。

 

力強く“羊飼いの杖”を握っています。

 

トイ・ストーリー1の時からそうですが、

ボー・ピープ”が“力強く生きる気の強い女性(のおもちゃ)

だというところを表しているようです。

 

こちらが上から。

大きい目が特徴的です。

 

Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”、大きさは?重さは?

次に、Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”大きさや重さを計測しました。

 

プライズフィギュアのサイズ情報ってなかなか探しても出てこないんですよね。。

フィギュアケース購入の際の参考にして頂ければと思います。

 

こちらが500円玉と比較したところ。

サイズは…

高さ169mm
幅72mm
奥行き61mm

縦に置いて、丁度ピンと伸ばした手のひらに収まるサイズです。

 

次は重さ。

重さは148.2gでした。

 

文庫本一冊が約150gなので、

それより気持ち軽いくらいの重さですね。

 

Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”の注目ポイント!

次に、“Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”

注目すべきポイントをピックアップします!

 

まずは何と言っても“目と頬”ですね!

大きく艶のある瞳と、ふんわりと優しいほっぺたの質感が最大のテーマであるQposketですが、

今回の“ボー・ピープ”の場合はまさにそれがピッタリと当てはまっています。

 

透明感のある瞳と、ほんのうっすらと自然にピンクがかった頬、

超絶可愛い。。。

 

続いて、一本一本丁寧に造形された指!

女性らしい細い指先が、羊飼いの杖を力強く握っているところが上手く表現されていますね。

 

続いてスカート!

上のピンク色の部分は原作ではメッシュフリルになっています。

 

少々原作と違う部分ではありますが、その柔らかさやスカートのふんわりとした感じも

丁寧に表現されています。

 

Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”のマイナスポイントは?

続いて、Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”

マイナスポイントをピックアップしました。

 

まずはの部分。

気になるのはその細さなんですよね。

 

これは“ボー・ピープ”に限らず、Qposketに共通して言えることなのですが、

かなり細く作られていて、大きな頭を支えるのには心もとないです。

 

また、差し込みづらく、毎回

こんなに力入れて大丈夫...?折れちゃわない...?

と心配になります。

 

続いて、背面の髪の部分。

正面の顔や頬、手などがかなり丁寧に造形されているのと比較すると、

ちゃっちく、お粗末に見えてしまいます。

Qposketの中でもトイストーリー “ボー・ピープ”は過去最高の出来栄え。

ここまで、Qposket トイストーリー “ボー・ピープ”の良い点、悪い点をレビューしてきましたが、

総合的に見て、とても良い出来栄えです!

 

勿論、Qposketとしても良い出来栄えだし、

数あるQposketのフィギュアの中でも群を抜いています。

 

フィギュア研究員であるのっちも自信をもって、

手に入れて細かく見ても、ガッカリすることはありませんよ!

と言えるのがこのQposket トイストーリー “ボー・ピープ”です。

 

その証拠と言ってはなんですが、原作“トイストーリー”のボー・ピープ、

最新作である“トイストーリー4”のボー・ピープ、

今回ご紹介している“Qposket”のボー・ピープを比較していきます。

 

トイストーリーとQposketのボー・ピープ比較画像

こちらが初代の“トイストーリー”のボー・ピープです。

(引用:https://www.yahoo.com/entertainment/bo-peep-back-new-toy-story-4-poster-video-reveal-dramatic-new-look-fan-favorite-toy-204515366.html)

ランプに付属ししている陶器製の人形”という設定で、

その艶感や顔の形などがまさに陶器ですね。

 

続いて、最新作“トイストーリー4”ボー・ピープの画像。

(引用:https://www.myentertainmentnews.com/2019/02/bo-peep-and-woody-in-toy-story-4-scene-video/)

ランプに付属ししている陶器製の人形”という設定は変わっていないのですが、

どこかバービー人形のような雰囲気です。

 

最新作の“トイ・ストーリー4”のボー・ピープは、

何にも縛られることなく、力強く生きる女性(のおもちゃ)

なので、目や立ち姿にそれが表れているようです。

 

改めて今回のQposket トイストーリー “ボー・ピープ”を見てみましょう。

目をの感じを見ると、造形は最新作である“トイストーリー4”の序盤に出てくる、

初代の衣装を着たボー・ピープでしょう。

(物語の中盤以降はスカートがマントになって、イケイケな姿で活躍します。)

 

“トイ・ストーリー4”のボー・ピープを、Qposketの良い部分が相まって、

可愛らしくも力強さが感じられる仕上がりになっています。

 

Qposket“らんま”と並ぶ最高ランクの出来栄え!

今まで、様々なシリーズがQposketとして出ています。

 

Qposketの良いところって、“大きく艶のある瞳と、ふんわりと優しいほっぺたの質感”なのですが...

悪い言い方をすれば“全員同じような顔”なんですよね。

 

そのせいもあって、

キャラクターと造形が良い具合にマッチした素晴らしいQposket”がある一方で、

キャラクターとQposket感が喧嘩してしまっている少々残念なQposket

もあります。

 

フィギュアオタクの研究員のっちが今までのQposketの中で

最もいい出来だと思ったのは

2019年3月にリリースされた“早乙女らんま”です。

 

らんま1/2 Qposket-早乙女らんま-

(引用:https://bpnavi.jp/s/toru/pc/prizes/39195)

アニメの“早乙女らんま”のあざとい程に可愛らしい感じと、Qposket感がバッチりと相まって

最高ランクの出来栄えです。

 

ただ、らんま1/2はおぼろげな記憶にあるだけで、知識も少なく、

手に入れるまでには至らなかったんです。

最高ランクの出来栄えのQposketを安くゲットできるのは今だけ!

今までお伝えしてきた通り、“Qposket PIXAR Character -Bo peep-(ボー・ピープ)”は、

歴代のQposket中でも最高ランクの出来栄えです。

 

のっち的にはQposket-早乙女らんま-よりも良い出来栄えだと思っています。

 

キャラ人気的に、値上がりするかは定かではありませんが、

プライズフィギュアはリリースされた頃がもっと安く、徐々に値上がりしていく傾向が強いです。

 

値段を言ってしまうと、のっちは1,580円でボー・ピープを手に入れましたが、

半年後に「欲しい!」と思っても、いくらで販売されているか分かりませんよね。

 

この、最高の出来のQposketがリリースされたタイミングで、

あなたも、プライズフィギュアを手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

最後にQposket トイストーリー “ボー・ピープ”のベストショットです。

彩色・バランス・可愛さ・原作との比較・全体的な造形を見ても

まさに非の打ち所がないですね!

あの“ボー・ピープ”が野良になっててビックリ!
わぁー!それ以上“4”のネタバレはやめてくださいね(*^^*)
おすすめの記事