はじめまして。

フィギュアオタクの研究員のっちです。

 

当サイト、“フィギュラボ”のプロフィールページを見てくださいまして、誠にありがとうございます!

 

当サイト“フィギュラボ”が、どんな思いで作られたのかや、

今後発信を続けていくにあたってどんな記事が増えていくのかなどを

ご紹介させて頂ければと思います。

 

また、当サイト管理人のフィギュアオタクの研究員のっちのプロフィールも紹介しておりますので、

ご覧いただけるととても嬉しいです。

 

“フィギュア”こそ、この上ない心の友。

この記事を読んでくださってる方は、

少なくとも、“フィギュア”というものに興味をお持ちなのではないでしょうか。

 

当サイト管理人のフィギュアオタクの研究員のっちですが、

冗談抜きに、“フィギュア”こそ、この上ない心の友だと思うのです。

 

あなたは“この上ない心の友”というと、何を思い浮かべるでしょうか?

 

さっきまで一緒に笑いあってた友達でしょうか。

彼氏?彼女?はたまた、一生添い遂げると決めたパートナーさんとか、

いつも心配してくれる家族

目一杯の元気で出迎えてくれるペットのわんちゃん、

大切にして長年使い続けてるカバンをあげる人もいるでしょう。

 

どれも、掛け替えのない、心の拠り所ですよね。

 

ただ、当サイト管理人のフィギュアオタクの研究員のっち的には、上の何を差し置いても、

“フィギュア”こそ、この上ない心の友です!

 

なぜ、フィギュアが“この上ない心の友”なのか、ご説明していきます。

なぜ、フィギュアこそが心の友なのか?

のっちが、フィギュアが“この上ない心の友”たという理由は大まかに3つあげられます。

 

  1. 自分の“理想としている形”をいつでも目に見える形で置いておくことが出来る
  2. 多くの種類の中から、自分の最も好みのもを見つけることが出来る
  3. 知れば知るほど、“フィギュア”の魅力に引き込まれていく

 

この3つの理由を、詳しくご説明いたします。

 

1.自分の“理想としている形”をいつでも目に見える形で置いておくことが出来る

1番の理由は、この

自分の“理想としている形”をいつでも目に見える形で置いておくことが出来る

というところです。

 

あなたにも、“何かしらの憧れ”があるでしょう。

 

映画のキャラの○○が好き」とか、「ふわふわのペルシャ猫を飼いたい」や、

エッフェル塔の近くに住みたい」、「あのアニメキャラと一緒に暮らしたい!

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

“フィギュア”であれば、

あなたが何に憧れていようとその憧れを自分の最も近くに置いておくことが出来ます

 

もし、「今日は雨でテンションも上がらないな。」なんて日があったとします。

 

何気なしに部屋を見まわし、戸棚に飾ってあるあなたの憧れのフィギュアが目に入れば、

その何となくの憂鬱な気持ちはふっと和らぎ、

どこか“ワクワクした気持ち”を取り戻させてくれるでしょう。

 

2.多くの種類中から、自分の最も好みのもを見つけることが出来る

2つ目の理由はその種類の多さ

 

フィギュア”と一言に行っても、生き物やキャラクター、食べ物に世界遺産系等々、

本当に多くの種類があるわけですが、その数は毎月毎月、毎日のようにその種類が増えています。

 

たとえあなたが、世界遺産好きであったとしても、ある特定のアニメ好きだったとしても、

その“好き”という気持ちに答えるフィギュアはほぼ間違いなく世の中に存在します

 

しかも、リリースされてるフィギュアって、

一つの対象物について1種類ではないんですよね。

 

例えばドラゴンボールの悟空の場合、

直立・技・彩色・大きさ・服装・エフェクトあり・デフォルメ等々、

上げればキリがないですが、本当にたくさんの種類が世にリリースされています。

 

それがエッフェル塔であったとしても、

大きさ・彩色・季節感等、様々なバリエーションがあるんです。

 

そのバリエーションの中から、最も自分の好みにあうもの

そばに置いておけるのもまた、“フィギュア”の魅力の一つです。

 

3.知れば知るほど、“フィギュア”の魅力に引き込まれていく

3つ目の理由は、

フィギュアの奥深さにあります。

あなたは“フィギュア”と聞いて、

パッと連想することは何でしょうか?

 

アニメキャラが立像化しただけものでしょ?

だけだったら、少し悲しいです。

 

大まかなイメージとして間違いではないのですが、

フィギュア”にはもっともっと注目すべきポイントや、

知れば知るほどワクワクするような奥深さがあります。

 

目の力強さ・表情・近くで見た時と遠くで見た時の印象・

細部の彩色具合・色の塗り方・動き・エフェクト・造形師・シリーズなどなど、

こちらも上げたらキリがないのですが、一点一点に、そのメーカーと作者のこだわりが現れます。

シリーズやラインナップを見てみると、そのフィギュアが

愛を持って造形されたもの”なのか、

単純に売れるから造形されたもの”なのかも見て取ることが出来ます。

 

そして、“愛を持って造形されたもの”であれば、そのフィギュアの細部にまで、“愛”を感じることが出来るんです。

 

種類がありすぎて探すのが面倒

ここまでで、“フィギュアは多くの種類があることが魅力の一つ”だということを述べてきましたが、

それは、魅力である反面、少々のデメリットもあります。

 

種類が多すぎる故、探すのが非常に面倒なんです。

 

当然メーカーさんは、新商品が出ることを自社のホームページで告知しますが、

その告知が“本当にその告知を欲してる人”の元には届かないことの方が多いんですよね。

 

というのも、フィギュアメーカーは数多くあるし、

プライズやガチャガチャも含めたら本当に多くの企業があります。

 

まとめてくれているサイトもあるのですが、網羅しきれてなかったり、見づらかったりと、

やっぱりまとめサイトでも“本当にその情報を知りたい人”の元に情報を届けるのは難しいんです。

 

そこで、当サイト“フィギュラボ”の出番となるわけです!

 

~当サイト“フィギュラボ”の役割~

当サイト“フィギュラボ”では、

プライズフィギュアや、ガチャガチャフィギュアに特化した情報ではありますが、

毎月リリースされるものから、

“出来栄えの良いモノ”、“愛を持って作られてたもの”を絞り込んで、記事にしてお届けします。

 

プライズフィギュアや、ガチャガチャフィギュアの情報はほぼ毎日チェックしており、

そのメーカーも、ほとんど網羅した上の絞り込みなので、

その記事があなたの好きな対象であった場合、

欲しくなることはほぼ間違いないかと思われます。

 

明日、再度見に来てみると、

あなたの好きなキャラクターの記事が上がってるかもしれませんよ。

 

“フィギュア”をもっと身近に。

フィギュア好き”と聞いて、あなたはどんなイメージを持たれるでしょうか?

 

陰キャ・オタク・コミュ障…

もっと酷いと、“気持ち悪い”なんてイメージの方もいることでしょう。

 

2005年に大流行した映画「電車男」の主人公の見た目や性格が、

世間の“オタク”の一般的なイメージだってことは事実としてあります。

 

のっち自身も

秋葉原って、チェックシャツをジーパンにインして、長髪眼鏡のリュックサックがたくさんいるところなんだ

って思いこんでました。

 

その「フィギュア好き=オタク」のイメージのせいで、

のっち自身、フィギュア好きであることはリアルでは相当仲良くなった人か、

酔っぱらった時にしか口にしないんですよね。

 

この間、ねこ娘のフィギュアをAmazonで注文したんですよww

なんて飲みの席で話すと、

ねこ娘って、再度可愛くなったって話題になってるよね!(のっちくんってそういうの好きなんだ...)

みたいな感じになるんです。

 

それは、話された側の“フィギュアに対する知識”が足らないことと、

「フィギュア好き=オタク」のイメージが根底にあるのでしょうがない事なのですが...

 

のっちとしては、もっと皆に、もっと多くの人にフィギュアの素晴らしさが伝わって、

皆の共通の文化として、広まっていってほしいんです。

 

上でも上げた通り、フィギュアは本当に多くの種類があるし、

アニメ好きじゃなくても楽しめる文化なんです。

 

その上、最低1000円程度から買うことができ、

投資額としても少なくて済む最高の楽しみなんです!

そのことを、もっと多くの人に知ってほしいんです!

 

当ブログ、“フィギュラボ”では、

フィギュア好きはもっと好きに。フィギュアを持ってない人は欲しくなるような情報」を

日々、アップしていきます!

 

フィギュア好きはもっと好きに。持っていない人は欲しくなるような情報

当ブログ“フィギュラボ”では、

フィギュア好きはもっと好きに。フィギュアを持ってない人は欲しくなるような情報

を日々アップしていきます。

 

プライズフィギュアやガチャガチャのフィギュアを中心に取り上げているのは、

フィギュアがもっと身近なものであって欲しい」からなんですよね。

一般的に“フィギュア”というと、可動式の遊べるもので6,000円程。

細部にまで拘ったインテリア系のものだと、2万~と、とても“安価”とは言い難いものです。

 

それが、プライスフィギュアなら1000円前後~、

ガチャガチャフィギュアなら、500円前後~と、非常に安価で手に入れることが出来ます。

 

紹介するフィギュアは細部まで紹介し、

フィギュア好きはもっと好きに、持っていない人は初めてのフィギュア購入”に繋がる情報を日々発信していきますので、

よろしくお願いいたします!

 

~フィギュアオタクの研究員のっち プロフィール~

名前:のっち
誕生日:1991年5月25日
血液型:A型
出身:岐阜
住まい:神奈川
出没スポット:秋葉原・横浜
フィギュア好きになったきっかけ:大学時代のゲームセンターアルバイト

好きな作品:
亜人/ガーディアンズオブギャラクシー/ガンダム全般/ゲゲゲの鬼太郎/スターウォーズ/血の轍/デジモンシリーズ/ドラゴンボール/監獄学園/ベルセルク/ポケモンシリーズ/闇金ウシジマくん/よつばと(あいうえお順)

 

フィギュラボ、はじまりはじまりー!
わぁー!楽しそうですね(*^^*)
コメント一覧
  1. さんフジ より:

    自分、最近久々に好きなアニメができてそのフィギュアをゲーセンで見つけて500円で取れてめちゃくちゃ嬉しくて飾ってたらフィギュアの良さに気付きました。
    フィギュラボを見て結構共感できるものもありました(о´∀`о)
    他のフィギュアも欲しくなったのでAmazonでワン○ースのフィギュアを買ったりしてます!自分は13歳なのであまりお金もないのであまり買えないのですが最近フィギュアにはまりましたw

    • のっち@フィギュア研究員 より:

      さんフジさん、コメントありがとうございます^^
      500円で取れちゃうなんて、さんフジさんはクレーンゲームがお上手なんですね!

      ワンピースは数多く出てるだけあって、造形やラインナップもかなり洗練されてきてますよね。
      最近見たなかでは、“造形王頂上決戦2”のウソップが臨場感あふれる造形で「すげぇ。。」ってなりました。

      良かったら情報交換しましょー^^

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード
ご挨拶の関連記事
おすすめの記事