こんばんは。

ガチャガチャ大好きフィギュアオタクの研究員のっちです!

 

デフォルメ”と聞くと、

あなたは何を思い浮かべるでしょうか?

 

今、貴方に思い浮かべて頂いた通り、

対象キャラクターの身長を縮め、

より愛らしく親しみやすく”するときに“デフォルメ”は使われます。

 

例としてはこんな感じ。

 

【デフォルメされていないダース・ベイダー】

(引用:https://www.rakuten.co.jp)

【デフォルメされたダース・ベイダー】

(引用:https://www.suruga-ya.jp/product/detail/602138714)

 

デフォルメされると可愛さが強調され、

見た目の印象もガラッと変わりますね!

 

ただ、今日のフィギュア業界、

デフォルメされるのはキャラクターだけじゃないんです!

 

今回ご紹介するデフォルメガチャガチャはこちら!

ワールドシップデフォルメ第4弾「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」

 

今回で第4弾となるワールドシップデフォルメシリーズですが、

今回のラインナップは特に注目すべき所があります。

 

デフォルメされる前と後」も、画像付きでご紹介していきます。

 

いったい戦艦がデフォルメされるとどうなっちゃうのか?

戦艦好きのあなたなら特に必見ですよー!

ワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」ラインナップ

ワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”が、

どんなラインナップになっているのかを見ていきましょう。

 

大和「1941呉」

 

大和「1945坊ノ岬沖」

 

三笠「竣工」

 

三笠「日本海海戦」

 

96式25mm三連装機銃(ノーマルカラー)

 

96式25mm三連装機銃(ガンメタルカラー)

 

 

今回の“ワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”ですが、

注目すべき何と言っても「戦艦大和がラインナップに入っている」ってところです!

 

「戦艦大和」、一度も耳にしたことがない方はいないでしょう。

 

何度も映画化されていたり、有名なDMMのブラウザゲーム

“艦隊これくしょん(通称:艦これ)”でも、

かなり上位の強さに入る戦艦として有名です。

(引用:http://blog.livedoor.jp/asternaru/archives/24972783.html)

 

艦これが入り口で、実物の戦艦にもハマった!

という人も少なくないでしょう。

デフォルメされる前の大和・三笠・三連装機銃

次に紹介するのは、デフォルメされる前、

実物を忠実に再現した“大和・三笠・三連装機銃”のプラモデルの写真です。

 

大和(正式名称:大和型戦艦)

(引用:https://www.amazon.co.jp)

 

三笠(正式名称:戦艦三笠)

(引用:https://www.amazon.co.jp)

 

三連装機銃

(引用:https://www.amazon.co.jp)

デフォルメされたワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”と、

実物を忠実に再現した“大和・三笠・三連装機銃”。

 

細部を比較すると、実物のカッコよさは残しつつ、

上手い具合にデフォルメされているのが分かります。

良いとこどりの“デフォルメ戦艦”

ここまで、“ワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”のラインナップと、

デフォルメについてお話してきましたが、

感想を一言でいうなら、「カッコいいと可愛いの良いとこどりが上手い」というものです。

 

フィギュアオタクの研究員のっち自身、様々なキャラクターのデフォルメを見てきていますが、

デフォルメをする造形師によって出来はまちまちで...

言い方が悪いですが、“上手いデフォルメ”と“下手なデフォルメ”にハッキリと分かれてしまうんですよね。

 

今回のワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”の場合は

まさに前者の“上手いデフォルメ”で、

実物の戦艦のカッコいい部分はしっかりと残しつつ、

愛らしい丸みの要素をプラスさせ、まとまり良くデフォルメされてるんですよね。

 

好きなキャラクターのフィギュアの横に置いておいても、

雰囲気を壊すことなくディスプレイできそうです。

 

レアフィギュア“山本五十六司令長官”が入ってたあなたはラッキー!

今回のワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”、

運試し的な要素が盛り込まれています。

 

金色のレアフィギュアが封入されているかもしれない」というもので、

そのレアフィギュアとは、“山本五十六司令長官”です。

 

“山本五十六司令長官”とは、1941年12月、ハワイ・真珠湾攻撃で連合艦隊司令長官を務め、

やってみせ言って聞かせてさせてみてほめてやらねば人は動かじ

という、人心掌握の核心を突いた名言を残した人物でもあります。

 

このレアフィギュア、

大和「1941呉」を当て、更にそこに一定確立で封入されている

といったかなり絞られた条件でしか手に入れることは出来ません。

 

確率をザックリ計算してみると、

 

【ガチャガチャカートン50個】÷【6種類】÷【大和「1941呉」のうち3個に1個?】=2.78
(ガチャガチャの筐体の中にはおおよそ50カプセルくらい入ります。)

2.78÷50×100=5.54%

 

18個買ったら1個、“山本五十六司令長官”が入ってる計算になります。

 

なかなかシビア...。

飾って良し、運試し良しの“ワールドシップデフォルメ”!

戦艦というと、「なんだか難しくて取っ付きづらいイメージだわ。

という方も多いかと思います。

 

しかし、この“ワールドシップデフォルメ「連合艦隊旗艦-大和・三笠-編」”では、

戦艦の有名どころ“大和”・“三笠”をメインにラインナップされており、

運要素の楽しみまで追加してくれてます。

 

デフォルメされていることで、

他のキャラクターフィギュアの横に並べてもうまく馴染んでくれます。

 

戦艦好きなあなたは勿論のこと、

あまりしらないあなたでも、

“山本五十六司令長官”を狙って、ガチャガチャしてみるのも楽しいですよ。

 

“山本五十六司令長官”はレア!
わぁー!なかなかに失礼ですね(*^^*)
おすすめの記事