こんにちは。

 

秋葉原大好き

フィギュアオタクの研究員のっちです!

 

このブログを読んでくださってるあなたは、

前回の土日は何をして過ごしましたか?

 

月、火、水、木、金曜日...

と、頑張って働いて、やっと迎える土日

 

年間休日123日間しかないあなたにとって、

48時間、何をしてても誰にも何にも文句を言われない、

最高の瞬間ですよね!

 

東京までお買い物、湘南の海までドライブ、秩父の方で山登り、

はたまた、近所に買い物に行ったり、様々な過ごし方をされたことでしょう。

 

かくいう僕、フィギュアオタクの研究員のっちは、

秋葉原にガチャガチャをしに行って参りました。

 

 

秋葉原でガチャガチャと聞くと、

真っ先にここを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

そう!

 

秋葉原ガチャポン会館!

 

土日のどっちかはほぼ必ず秋葉原にいる

フィギュアオタクの研究員のっちですが...

ただ、僕は土日にガチャポン会館へ行くことはほとんどありません

 

年間休日123日の男性は秋葉原のガチャポン会館に行ってはいけない!

だと心の底から強く思い、そのことを

世間の“年間休日123日の男性”に、強く訴えたいのです!

 

今日は、年間休日123日の男性は秋葉原のガチャポン会館に行かない方が良いのかを

ふわっとでも知っていただけたらとても嬉しいです。

 

ちなみに、僕が良く利用するガチャガチャスポットを地図にまとめた記事もあるので、

秋葉原観光の際は是非お役立てください。

関連記事:秋葉原のガチャガチャ【全48カ所マップ】観光や散策のお供に。

 

秋葉原へ123日間通う男性はガチャポン会館へは行かない。

何故、年間休日123日の男性は秋葉原のガチャポン会館に行かない方が良いのかというと、

答えは極シンプルで、極カンタンなものです。

 

それは、貴重な年間123日間しかないの休日を使用した秋葉原観光が、

土日の秋葉原はやっぱり混んでたな。人込みばかりで特に買うものも無かったし。あぁ、疲れた。

といった感想になりかねないからです。

 

秋葉原に行くならば、観光にせよフィギュアを買うにせよ、

カードを買うにせよグッズを買うにせよ、

あぁ、秋葉原はやっぱり楽しかったな!前から欲しかったものが手に入ったし、新たな発見もあった!ちょっと調子に乗ってお金を使いすぎちゃったな。

って感じで締めくくられるべきなんです。

 

なので、土日は必ずと言っていい程大混雑な秋葉原ガチャポン会館には、

年間休日123日の男性は行かない方がいいんですよね。

 

秋葉原のガチャポン会館は何故、混雑するの?

秋葉原と言えば、“サブカルチャーの聖地”だということは、

秋葉原に行ったことのない方でも知ってますよね。

 

海外でも高い評価を受けている日本のサブカルチャーは、

世界的に注目されており、

秋葉原には海外からの観光客も多いです。

 

手軽に日本のサブカルチャーグッズを購入できるガチャガチャは海外からの観光客にも人気。

 

また、日本人でも、「とりあえず秋葉原に来たならガチャポン会館行っておくか!」って方も少なくないので、

“秋葉原ガチャガチャ”の代名詞であるガチャポン会館は、

土日には大混雑なんです。

 

あなたは満員電車は好きですか?

通り抜けるのに、30分以上かかる原宿の竹下通りは?

年に二回行われる、大混雑のコミックマーケットは?

 

何かの目的がある混雑”であれば、少々不快な思いをしても

後の“喜び”で打ち消すことが出来ます。

 

でも、ガチャポン会館へ行くのって特に目当てのガチャガチャがあるわけではなく、

何か、面白いガチャガチャ出てないかなぁ

というふわっとした目的で行く方がほとんどなんですよね。

 

大混雑の中、特に面白いガチャガチャも見つけられなかった

となった日にはもう…

土日のガチャポン会館はやっぱり混んでたな。人込みばかりで特に買うものも無かったし。あぁ、疲れた。

なんて感想になり、

それは時間が経過するにつれて、“秋葉原そのものの記憶”になるんです。

 

123日間の休日って多い?少ない?

会社員として働く上で、年間休日はとても大切な数字ですよね。

 

年間休日123日をザックリ計算すると…

365日÷7(一週間)=52週間/年

52週×2(土日)=104日

で、祝日を考慮せずに完全週休二日ならば年間休日104日

 

そこに、一年間にある祝日16日を足すとちょうど120日になります。

 

カレンダー通りであれば年間休日120日。

 

そこに、有給消化やお盆休み、ゴールデンウイークの飛び石休日埋めを含めれば、

年間休日はが123日間となります。

 

一年間の1/3以上休みということは、

トータル日数で計算するとは少なくはないかもしれませんが…

 

仕事上の人間関係、毎日上司から与えられるストレス

好きでもない仕事をしている時間、取引先に遣う“気”、毎日の通勤等、

仕事上では信じられないほどの楽しくない時間”を

過ごすことを強要されているんです。

 

そんな、考える事すらも嫌になる“あらゆるストレス”を、

たった123日間の休日で完全に癒せるのでしょうか?

 

世間的に、123日間の年間休日が多いか少ないかではなく、

自分自身、その日数の休日で納得できるのか

で判断する必要ことが大切なのではないでしょうか。

 

土日のガチャポン会館はの混雑具合はどんな感じ?

さてさて、土日のガチャポン会館がどれほど混雑しているのか...

説明するより写真で見たほうが早い!

 

ということで、のっち自身の123日の休日を使って撮影してきました!

 

これがガチャポン会館入り口の様子。

土日というだけあり、店内はたくさんのガチャガチャを求めてやってきた観光客や、

ガチャガチャ好きの同志たちで大混雑です。

 

こちらが向かって右側の入り口。

 

一人の男性がガチャガチャを買うべきか買わざるべきか迷っていますね。

この通路がガチャポン会館で最も混雑する場所で、

下の方にあるガチャガチャを回したい時なんかは

少々通行人の妨げになってしまいます。

 

こちらが店内で一番広い場所の様子。

壁一面にガチャガチャ!

柱の周りにもガチャガチャ!

ミニゲームプレイ型のガチャガチャ!等々…

 

まさに、ガチャガチャの為だけにあるお店です。

 

こちらが少々混雑してる店内。

混雑していて移動しにくいのは事実ですが、

狭い道を通ろうとする時なんかは、

あ、すみません...”、“お先にどうぞどうぞ...”等、

必ずと言っていい程、紳士的な譲り合いが行われます。

 

ガチャガチャ好きに悪い人はいない!”は少々言い過ぎかもしれませんが、

朝の満員電車や花火大会の後等と違って、

“我先に!”と動く人は非常に少ないです。

 

これがうず高く積まれたガチャガチャ群

ガチャガチャの筐体を重ねて展開する時って、防災の観点から、

普通は2段、多くて3段なんですよね。

 

ても、このガチャガチャ会館に至っては珍しい4段重ね!

 

1300㎜×4台+ラック100㎜で、おおよそ5m以上にもなるガチャガチャの壁は迫力満点!

 

脚立に乗ってガチャガチャを回した!”って記憶も、

秋葉原観光のレアな思い出になるかもしれません。

 

お次が、今回の秋葉原ガチャポン会館旅行で発見したガチャガチャ。

ミライトワソメイティです!

 

2020年8月9日(日曜日)23:00まで大忙しのこの二人が

300円のガチャガチャキーホルダーになってました。

 

そうそう!忘れてました。

 

店内は撮影禁止(混雑時)

5mのガチャガチャの壁すげぇ(パシャパシャ)」なんて写真を撮りまくってると、

さすがのガチャガチャ好きの紳士たちからも白い目で見られます。

 

ちなみにフィギュアオタクの研究員のっちは、

オープン直後の空いてる時間を狙って写真撮影をしました。

 

こちらが、“紳士的な譲り合い”が良く行われる細い通路。

右壁の奥側に、

フィギュアオタクの研究員のっちの大好きな

動物や両生類、虫やオーパーツ等の

博物館系ガチャガチャがあります。

年間休日123日の成人男性にインタビューしてみた!

せっかくなので、今回撮影に協力して下さった、

貴重な年間123日間しかないの休日を利用して、

秋葉原ガチャポン会館観光をしていた男性にインタビューしてみました。

 

カラフルリボンの麦わら帽子をかぶっててちょっとお洒落。

のっち「今回は何の目的で秋葉原来たんですか?」

男性「実践でも使用される兵器を使った戦闘訓練が目的です。ガチャポン会館はその息抜きでふらっと立ち寄りました。」

のっち「欲しいガチャガチャは見つかりましたか?」

男性「ポケモンフィギュアのガチャガチャが気になってます。フシギバナとリザードンが出れば当たり。カメックスはまぁまぁ。ピカチュウかイーブイが出たら悲しいので迷ってるところです。」

のっち「今回、ガチャポン会館へ来てみての感想を一言お願いします!」

男性「土日のガチャポン会館はやっぱり混雑してますね。ポケモンのガチャガチャは大発見だったけど、この混雑具合はやっぱり疲れちゃいますね(苦笑)

 

今回取材に協力してくれた埼玉県在住のS氏は、年に数回程秋葉原に来ることがあるそうで、

ガチャポン会館へはたまーに訪れることがあるそう。

 

一通りの取材を終え、お礼を伝えた後、

とりあえず、僕は戦場に戻ります。

と足早に去るその男性の背中は、愛する者の待つコロニーに衛る為に闘う兵士そのものでした。

 

今回訪れた“秋葉原ガチャポン会館”の詳細。

こちらが、中央通り側から撮影したガチャポン会館の入り口です。

ガチャポンの為だけにあるお店”はやっぱりいつ来ても圧巻で、

そのガチャガチャ人気と量に圧倒されます。

 

年間休日123日の男性は秋葉原のガチャポン会館に行かざるべき!

とはいえど、その異様ともいえる雰囲気と、秋葉原のディープな風を肌で感じるのには

もってこいの場所なんですよね。

 

適当にガチャガチャを探しに行くのもよし、雰囲気を楽しみに行くのもよし」なガチャガチャ会館。

付け加えるとすれば、「ただし、疲れちゃわない程度にね!」ってところです。

秋葉原ガチャポン会館

名称 ガチャポン会館
ガチャガチャ
設置台数
約610台
住所 〒104-0061
東京都千代田区外神田3丁目15−5
営業時間 13:00〜20:00(月〜木)
11:00〜22:00(金・土・祝前日)
11:00〜19:00(日曜・祝日)
(定休日なし)

 

トリアルツルスのガチャガチャが欲しかった。
わぁー!変わった趣味趣向ですね(*^^*)
おすすめの記事